Good Innovation for Sports.
代表挨拶

電通スポーツパートナーズはスポーツイベントの実施・運営・制作等のオペレーション業務を中心に行う、電通グループ初のスポーツ専門プロダクションとして2005年12月に設立されました。
設立当初は国内ゴルフトーナメントの実施運営を中心に活動してまいりましたが、2007年に初めて開催された東京マラソンの運営業務に参画して以来ラグビー、野球、サッカー、スケートなど様々なスポーツイベントの実施運営を手掛けるまでに成長する事ができました。

広告業界を取り巻く環境はこの10年で大きく変化してきている中、近年クライアントが抱える様々な経営課題をスポーツを通じて解決していく事例が増加しています。
我々は電通グループの組織力と設立以来蓄積してきたノウハウを活用し、「その手があったか」と言われるアイディア、「そこまでやるか」といわれる技術、「そんなことまで」といわれる企業家精神を持つ電通グループの一員として、スポーツに携わるすべての皆様にとって「真のパートナー」でありたいと願っています。

今後2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会、ラグビーワールドカップ2019日本大会など様々な大型スポーツイベントが開催されます。電通スポーツパートナーズはこれからも蓄積してきたノウハウを生かし、スポーツイベントを支える真のパートナーとして日々チャレンジを続けてまいります。

2017年 4月
代表取締役社長

松尾 喜和